ビザ申請

理系社員のビザは「技術」ビザです。

「技術・人文知識・国際業務」ビザは長期雇用を前提として、将来的には管理職・専門職として活躍を期待される外国人材に対応する在留資格です。
「技術」の定義としては、大学卒業(学士・修士・博士)などの学歴要件を満たしている者が、教育機関において専攻した内容に関連し、理学、工学その他の自然科学系分野の業務を行う活動です。
日本の専門学校を卒業した外国人(専門士)も対象となりますが、専門知識と業務との関連性をより詳細に審査されます。
例として、大学で情報工学を専攻した人材の場合は、データーサイエンティスト、サイバーセキュリティコンサルタント、ITディレクターなどの職務が想定されます。
なお、IT人材の場合、法務大臣が定める「IT告示」で指定された
情報処理技術に関する試験に合格している外国人(高度IT人材)は学歴要件が不要になります。

ITストラテジスト試験
システムアーキテクト試験
プロジェクトマネージャ試験
ネットワークスペシャリスト試験
データベーススペシャリスト試験
エンベデッドシステムスペシャリスト試験
情報セキュリティスペシャリスト試験
ITサービスマネージャ試験
システム監査技術者試験
応用情報技術者試験
基本情報技術者試験
第一種情報処理技術者試験
第二種情報処理技術者試験
特種情報処理技術者試験

Visa for science/tech employees is “Technology” visa.

“Technology / Humanities / International Services” visa is a status of residence for foreign human resources who are expected to play an active role as managers / professionals in the future on the premise of long-term employment.
The definition of “technology” in the status is an activity in which a person with an academic background such as a university graduate (Bachelor’s degree, master’s degree, doctoral degree) performs work in science, engineering, or other natural science fields related to the content of the course at an educational institution.
Foreigners who have graduated from a Japanese vocational school are also eligible for this visa, but their relevance to their expertise and work will be examined in more detail.
For example, if you are a university major in information engineering, you might have a job such as a data scientist, cybersecurity consultant, or IT director.
In the case of IT human resources, foreigners who have passed the information processing technology examination specified in the “IT Notification” set by the Minister of Justice do not need the above educational background requirements.

Examination Categories and Typical Examinees



 

留学生を採用するメリット(即戦力となる人材)

1:日本の大学で教育を受け、日本で生活した経験があるため、生活支援の必要がない
2:専門的な教育を受け、高度な専門知識を持っている
3:日本語能力や日本人とのコミュニケーション能力や経験が豊富
4:母国語に加えて英語など複数言語でコミュニケーションを取ることができる
5:海外留学をしているので、日本人学生と比べて積極性が高い


 

在留資格認定証明書(技術・人文知識・国際業務)

ページの先頭へ