ビザ申請

業務の流れ(申請取次)

1

面談

当事務所では、法務省(東京出入国在留管理局)による許可を受けた行政書士が申請取次業務を受任しますが、在留資格に絡む犯罪が見受けられることから、在留資格の申請取次(呼び寄せの在留資格認定証明書交付申請除く)においては、本人確認を徹底しています。
行政書士がご本人と面談し、本人確認ができなければ業務の受任はできません。
特に「日本人の配偶者等」の婚姻を基礎とする在留資格については、在留資格認定証明書交付申請による呼び寄せを除き、お二人共に面談する必要があります。

2

ご提案とお見積もり

ご相談案件について解決策のご提案とお見積を提示します。お見積もりの有効期間は面談日から1週間になりますので、有効期間内に所定の「業務委託契約書」を当事務所へ返送してください。
着手金・報酬金は当事務所の銀行口座(三菱UFJ銀行)へお振込ください。

3

受任業務開始

着手金・報酬金のお振込みを確認後、ビザ申請に必要な書類をご案内します。
万が一、当事務所へ偽変造書類を提出されたことが判明した場合は、その時点で業務委託契約を終了し、規定の違約金をご請求させて頂きます。

4

入国管理局への申請取次

申請取次行政書士が入国管理局へ出頭して、ビザ申請書類の申請取次を行います。
書類の審査期間は、法務省により標準審査期間が定められていますが、案件により長期化する場合があります。申請後に追加で疎明資料の提出を求められた場合は、原則としてノーチャージで対応します。

5

申請結果のご連絡

書類審査が終わると、入国管理局からの審査結果は当事務所へ通知されます。
申請が許可された場合、「在留資格認定証明書交付申請」では、認定証明書が当事務所へ郵送されます。
「在留資格更新」・「在留資格変更」および「永住許可申請」では、申請取次行政書士が入国管理局へ出頭し、新しい在留カードを受領します。
在留カードのお渡しは必ず対面にて、申請者ご本人の方に限ります。

ページの先頭へ